• ブナ材100%のブリケット。

  • やさしい環境造りに貢献し薪の様々な欠点、問題点を解決します。

  • これからの新しい燃料。

  • ストーブに使用するブナ材100%のブリケット。

ようこそ、いらっしゃい。

我が社の革新的な商品をご紹介します。

一般的な薪30Kg は `O SOLE MIO の薪18Kg に相当し、40%の節約。

窯内温度を一定に保ち理想的な焼き加減になります。

完全燃焼に近いのでタール、煤等がほとんど出なく、

メンテナンスが簡単。

窯内の燃えかす清掃が楽になります。

煙突ダクト、フィルターのクリーニング回数が、減ります。

ダンボール容器は湿気を吸収し又、

着火用として利用できます。

欧州一般食品衛生規則 HACCP 上記基準をクリアしているので、

食品と一緒に運搬、保管が出来ます。

一年の計画を立てる時には小麦の種をまきなさい、

十年の計画を立てる時にはブナの木を植えなさい、

そして、長年 `O SOLE MIO ブリケットを使うことにより

PIZZERIA の発展に寄与することでしょう。


_

得意先の感想

_

ピッツェリア・アズーリ - 神戸

_

_

燃料が薪だけであった頃、扱いが大変だったと想像できる。

しかし技術の進歩に伴い、電気やガス等様々な便利な燃料があるにも関わらず、それでも薪という古典的な手段が選ばれる。
炎に対する憧れや懐古主義的な物がそうさせるかも知れない。

テクノロジーが発達した現在、薪も従来の欠点を排除して便利で機能的に使うようになりました。

O

続きを読む...
 

_

ルーチェサンタルチア - 大阪

_

_

ピッツァの仕事の中で薪を扱う場合は、窯の中の温度調節に費やす時間や体力的な負担、さらに薪のストックや管理の問題など、様々な注意が必要だ。また、窯の下に積まれた薪は様々虫やダニなどの格好の住処となるから、やはり衛生面での不安が拭い切れない。
続きを読む...
 

_

ピッツァマン - 東京

_

_

「オーソレミオは、探し求めていた理想の熱源です」
ピッツァは薪で焼くと一番美味しいという 固定観念があります。
でも、数百年前に薪で ピッツァを焼き始めたのは、熱源が薪しかなかったというだけのこと。今は技術も進歩したので、薪にこだわらなくてもいいと考えています。窯の中のコンディションさえ整える ことができれば、どんな熱源でも美味しいピ ッツァを焼くことはできるのです。

続きを読む...
 

_

ÉCHI ポンテベッキオ - 大阪

_

_

基本的に美味しいピッツアを焼き上げるには、どのタイプの窯であっても3つの熱のバランスが必要不可欠である。窯内の壁面からの輻射熱、窯の空間を移動する対流熱、そして熱源からの熱伝導である。自然木の薪は必ずしも良質なものばかりとは限らない。

続きを読む...